入浴の仕方あれこれ ~自分に合った湯温を知ろう~

皆さんこんにちは、入浴剤開発担当の佐久間です。先日、肩湯キットというものを買ってしまいました。温泉や銭湯などにある、お湯を循環させる装置なのですが、これがなかなかいい物で、半身浴中に冷える肩や首周りをしっかり温めてくれます。さて今回は、入浴の目的別にちょうどいい湯温のお話をしていきます。

ヒトには2つの自律神経があり、それぞれ「交感神経」と「副交感神経」と言いますが、簡単に説明すると「交感神経」はカラダを活発にし、「副交感神経」はカラダをリラックスさせます。入浴は、湯温によってこのどちらかを刺激し目的別にカラダに変化を起こすことができます。

38~40℃程度のぬるめの湯は、「副交感神経」が刺激される温度です。心身ともにリラックスするので、就寝前の入浴の際はこの温度がオススメです。また、それ以上の温度だと「交感神経」が活発になり気持ちもスッキリとさせてくれるので、起床後やお出かけ前の入浴にはこちらがオススメです。

この温度の目安ですが、自分の平熱で上下します。平熱から+2~3℃くらいがぬるめ、+5~6℃くらいが熱めとなります。ここに、季節の気温などでも変化が起こります。

今夜の入浴は、是非ぬるめの湯に入って体をリラックスさせてはいかがでしょうか?