入浴の仕方あれこれ ~知らないと危険!?お酒と入浴の関係~

皆さんこんにちは、入浴剤開発担当の佐久間です。最近、お風呂上がりのビールを覚えてしまいました。癖になったらイヤだなと思い、お風呂上がりのお酒を意図的に避けていたのですがついに誘惑に勝てず…。これからさらにおいしい季節になるので、誘惑に負けないように頑張ります。今回は、知らないと危険なお酒と入浴についてお話しします。

まずは入浴前の飲酒について。お酒を飲んだ直後は一時的に血圧が下がりますが、入浴するとさらに血圧が下がるので、この相乗効果で最悪の場合は気を失う可能性があります。また、お酒を飲んだ直後の入浴はカラダが温まる事で血液の循環が良くなり、普通より早くアルコールが全身にまわります。いつもより余計に酔いが回っているので転倒や睡眠の危険があり、また酔った状態での入浴は大量の血液が全身に送られることで、脳や心臓の血流が減少し、脳貧血、不整脈、心臓発作などを引き起こす可能性もあります。

当然、入浴中の飲酒も同じ危険を持っているのでやらない方がいいでしょう。さらに、入浴後についても、同じように酔いが回りやすく、避ける必要があります。特にお酒はカラダから水分を奪うので、脱水症状にも注意が必要です。

もし入浴前にお酒を飲んでしまったら、2時間は入浴を控えた方がいいでしょう。また、入浴後の飲酒も30分は控えて、その間にスポーツドリンクなどでしっかり水分補給する事をおススメします。