mfiii

世界の富豪が注目するニュージーランド

スタッフコラム

2018年04月06日 13:00


今、世界の富豪の間では
ニュージーランドに土地や別荘を買ったり
ビジネスを始める事が流行っているそうです。

ニュージーランドは日本の本州と同じくらいの大きさの島国ですが
人口が日本の半分以下のため、人口密度がとても低いです。

人のいない土地の多くは畑や牧場なので
麦やじゃがいもなどの農作物、羊肉やプラセンタ等の畜産物、
そして四方に囲まれた海からタイやイセエビが採れるなど
とにかく食料が豊富で食料自給率は300%とも言われています。

また、場所や政治的に紛争が起きにくいのでテロの危険が少ないほか
原子力発電所も無く公害問題にも積極的なため、
避難地としても、ビジネスをするにしても最適な場所なのだとか。

ニュージーランド政府も
投資家のための永住権制度を用意する等
積極的に移民活動を支援しています。

そのうち、ニュージーランドが
「世界一自然が豊富な経済大国」
なんて呼ばれる日が来るかもしれませんね。

ページの先頭へ